"691074"

"691074"は"ROCKでなし=ろくでなし"と読ませます。自分が感じた事を書き綴っていきます。お気軽にコメントを残して下さい。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 尾崎豊のモノマネをする芸人、"井上マー"さん

4月6日の毎日新聞の『楽屋ばなし』というコーナーに、尾崎豊さんのモノマネを芸にしている芸人井上マーさんの記事が出ていた。

よく、尾崎さんのファンサイトで、ファンが井上さんの芸風に反発している光景などを目にする。

俺も、初め見たときは、「なんだ、こいつわ?」と思ったのをよく覚えている。

まぁ、これ(反発)ばっかりは、「ファン心理」なんで、しょうがないといえばしょうがないんだけどね。

でも、尾崎さんを愛しているんだろうな~というのは凄くわかったから、俺の反発は反発というほどのものでもなかったんだけれど・・・。

喋っている内容なんかも"世間的には「あり」"だと思うしね。

よく研究しているというか、井上さんも尾崎さんを好きなんだろうなと思うよね。

世間が持っているであろう「尾崎豊のイメージ」に、尾崎さんを代表する曲の詩を引用して、きっちり"笑い"(作品)にしているというかね。

きっと井上さんの中でも葛藤はあったと思うよ。

このインタビューの中では、「尾崎ファンから怒られるんじゃないか」としか答えていないけれど、本当はもっと基本的な部分で、葛藤があったと思う。俺が井上さんだったら、悩むもんね。

「尾崎さんを芸にしていいものか」「尾崎さんを世に伝えたい気持ちと、それを笑いにしたい気持ちがある。本当の部分を伝えたいんだけど、笑いを取るためにはパブリックイメージに当てはめた尾崎さんを出さざるを得ない」とかね。

その類のプレッシャーをおそらく感じていたんじゃないかなと。

俺だったら「ファンに怒られる」とか云々はその次にくる話だし。本当に尾崎さんのことを好きなら、そういう思考になると思う。

で、パブリックイメージのなかで自分の芸を散りばめていく方を彼は選んだ。結果として、井上さんがきっかけで尾崎さんの事をしった人もいるだろうし、いいんじゃないかな、頑張っているよなと俺は思う。井上さん、これからも頑張って下さい。



『井上マー 愛する尾崎豊をネタに』

若者のカリスマ的存在だった歌手、尾崎豊が突然この世を去って、今月で13年。今でも根強い尾崎人気がある中で、尾崎を笑いの世界でよみがえらせたのが、吉本興業のピン(一人)芸人、井上マー。

 コンビでデビューしたが芽が出ず、ピン芸に転向。ネタに悩んでいた時に思いついたのが、大好きだった尾崎。ぼろぼろのジーンズに白いTシャツと尾崎になりきり、「ヤワラちゃんの前髪が叫んでる。もう縛られるのはまっぴらだ!」と絶叫する。「初めは、尾崎のファンから怒られるんじゃないか、とまわりからよく言われました。でも、そういったことは今まで一度もない。僕が尾崎を愛してるのが分かってもらえたら、とてもうれしい」という。

 今年3月、若手ピン芸人日本一を競う「R-1ぐらんぷり2005」では、優勝候補の友近、ヒロシといった“売れっ子”をしのぎ、優勝まであと一歩まで迫った。「優勝は賞金500万円。でも2位は賞金1円ももらえない。それでも、手応えがあった」

 事務所の先輩、島田紳助の人気番組では収録前の客を盛り上げる前説役を務めた。「紳助さんにはいろいろと気にかけてもらった。その恩を返したい」
毎日新聞 2005年4月6日 東京夕刊

☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://691074.blog13.fc2.com/tb.php/40-0cddf9af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いそっち

  • Author:いそっち
  • ☆ROCKERS☆というHPを運営しています。HPにも遊びに来て下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。