"691074"

"691074"は"ROCKでなし=ろくでなし"と読ませます。自分が感じた事を書き綴っていきます。お気軽にコメントを残して下さい。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 蝶野正洋選手に、待望の第一子

I am CHONO!!

という事で、新日本プロレスの蝶野選手ばりにガナッって見た木曜の夜。

皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今日は、冒頭から一発、嬉しいニュース行くよ!

我らが黒のカリスマ、蝶野正洋選手に、待望の第一子が誕生しました!

何かと暗い話題の多いプロレス界、格闘技界に目茶目茶ハッピーな話題だよね。

いや、蝶野選手を見てきて10年。

ここ最近は、業界の問題、闘魂三銃士の仲間・武藤敬司選手の退団、橋本真也さんの死、選手の大量離脱、田中リングアナの退団などで、辛い蝶野さんの表情ばかりが印象に残っていて。

だから、久しぶりに、心から笑っている蝶野さんの顔を見ることができてファンとして、本当に嬉しかったです。

あ、遅くなりましたが、蝶野さん、マルティナさん、ご子息の誕生、おめでとうございます!

背負うものがある時の蝶野さんは強い!

きっと、子供が生まれた年のG1だもの、ケガも直してG1に間に合わせる事でしょう。

今年のG1、楽しみです。

今後も、蝶野さんから目が離せませんね!


▼新聞記事抜粋
新日本の蝶野正洋(42)に第1子が誕生した。マルティナ夫人(41)が4日午前9時45分、都内の病院で2556グラムの男児を出産した。

結婚から15年。

1度はあきらめた子どもを授かった。

蝶野は出産に立ち合い、リスクの高い高齢出産に臨んだ夫人を励ました。

産声が聞こえた瞬間、安堵(あんど)の涙を流す夫人に、蝶野も人目をはばからず、もらい泣きした。

普段はこわもてだが、生まれたばかりの息子を抱くと自然に柔らかい表情になった。

「このみけんのしわがマルティナ似だね。男の子だし、父親になったというより仲間が増えたって感じがする」

とうれしそうに話した。

名前はまだ決めていないが、夫人の出身地ドイツと、この日が自分が生まれた米国(シアトル出身)の独立記念日ということにちなみ「独」の字を入れるつもりだ。

我が子を抱いたのは右腕だった。

6月16日に肘(ちゅう)部管症候群の手術を受けた左ひじは、ギプス、包帯こそ外れたものの黒いサポーターに覆われていた。

回復は予想より遅れているが「今週いっぱいは動かせないけど、来週からリハビリと体づくりをする」。

無事出産を終えた夫人に子育てに集中してもらうため、自分もプロレスに集中し、早期復帰を目指す。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://691074.blog13.fc2.com/tb.php/191-75262a36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いそっち

  • Author:いそっち
  • ☆ROCKERS☆というHPを運営しています。HPにも遊びに来て下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。