"691074"

"691074"は"ROCKでなし=ろくでなし"と読ませます。自分が感じた事を書き綴っていきます。お気軽にコメントを残して下さい。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ 中田選手のW杯終わる

W杯について、毎日新聞の記事を読みました。

誰もが思っていることかもしれないけれど、まさに俺が思ったことがそのまま書いてありました。

そして、プロレスラー、鈴木みのる選手のモバイル日記にも俺が思ったことがそのまま書かれていました。

やっぱり、スポーツでも会社でもそうだけど、組織で何かの勝負ごとに挑むっていうのは、かみ合えば物凄い成果を生む一方で、それに導くまでの過程には色んな問題があるんだな~ってことを再認識させられましたね~。

新日本プロレスの蝶野正洋選手はこんなことを言っています。

「人が複数集まれば、そこには必ず競争が起こる」

と。

ひとつの目標に向かおうとする一方で、その中で誰が抜きんでるかの競争が起こる。

だからこそ、組織をまとめるのには、「ビジョンの共有」が必要で、リーダーシップを取る人間が、人間関係を調整しながら、それをきっちりとやり遂げなければならない。

俺も、仕事をする上でも、サプライズをしたりする上で、温度差を感じる事は凄くあるし、それが精神的負荷になる。

自分と同じ方向を向いてもらい、同じ温度で目標に向かわせるのに、物凄く考えるし、気を使う。

そしてビジョンを共有する戦略を立てたら、ある程度の結果が出るまでは、人になんと思われようと、それを実行し続ける。

その過程が、精神的にかなり堪えるんだよね。

で、ジーコジャパンの課題もまさにこれだったと思うし、どうすれば同じ方向に向かって走ることができるかの術を上手く見つけられなかったんだと思う。

毎日新聞の記事を紹介します。


試合終了後、センターサークルまで歩いた中田英寿選手(29)=ボルトン=は、突然しゃがみ込んだ。崩れるようにあおむけになると、両腕で顔を覆ったまま5分以上動こうとしなかった。すべての選手が去った後、ゆっくりと立ち上がり、スタンドのサポーターに向けて両手を挙げた。笑顔を浮かべてはいたが、その目は赤かった。1対4の大敗。3大会連続出場となった中田選手のW杯は、不完全燃焼に終わった。
 ドイツ入り後、明らかにいらついていた。「走るという基本ができてない」「戦う準備が足りない」。味方への批判と取れる言葉がたびたび漏れた。選手だけの食事会の翌日の練習でも、仲間とほとんど会話せず、アップも1人で行った。

68年のメキシコ五輪で日本を銅メダルに導いたデットマール・クラマーさん(81)が大会直前、「問題なのは選手の半分が中田の考えを好きではないこと。チーム内で中田がどう振る舞い、仲間が中田をどう扱うかがカギだ」と話し、示していた懸念。それは、中田選手のそんな振る舞いに、現実となって表れていた。
 ただ、試合に臨む姿勢は誰よりも激しかった。4日のマルタ戦(親善試合)では1人、気を吐き、ジーコ監督から「中田はいつでも同じ気持ちで全力を出せる」と絶賛された。18日のクロアチア戦でも攻守の核となり、最も活躍した選手として「マン・オブ・ザ・マッチ」に選ばれた。

中田選手と同様に「孤高」と称される存在に、イチロー選手(マリナーズ)がいる。今年3月のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では、意外なリーダーシップを発揮した。練習中から仲間に積極的に話しかけ、2次リーグの米国戦では円陣の中心で「歴史的な日にしよう」と叫んだ。世界で活躍する大黒柱の熱い言動に、がけっぷちのチームは一丸となり、世界一を手中にした。

試合後、中田選手は「まだまだ力が足りないことを実感した。この結果を素直に受け止めて次につなげていきたい。W杯は1度目(フランス大会)は何だか分からず、2度目(日韓大会)は地元開催だった。今回は本当に戦っている気がした。こういう結果になって残念だ」と語った。

結局、世界を知る彼の厳しさを日本代表の他の選手は最後まで理解できず、彼自身も仲間と一定の距離を保った。中田選手はイチローになれなかった。そして、WBCの奇跡は、W杯で再現されることはなかった。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://691074.blog13.fc2.com/tb.php/176-14aaf3c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いそっち

  • Author:いそっち
  • ☆ROCKERS☆というHPを運営しています。HPにも遊びに来て下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。