"691074"

"691074"は"ROCKでなし=ろくでなし"と読ませます。自分が感じた事を書き綴っていきます。お気軽にコメントを残して下さい。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ W杯:サムライブルー・・・。

日本代表、残念でしたね。

後術的な事はわからないけど、日本選手は、気持ちの部分で負けていたような気がします。

本気でやっているからショックなんだろうけど、一点取られた時の、選手達の「あ~、終わっちゃったよ・・・」みたいな表情は、プロ選手としてどうなのかな~って思うよね。

おそらく、一点入れられたことよりも、選手達の間に流れる空気感だったり、表情が、日本サポーターの気持ちに影響を与える部分が大きいと思うし。

仮に選手が、「どうやってこの後2点取ってやろうか?あの手があるぞ!この手があるぞ!」みたいな前向きな表情をしていたら、サポーターが受ける印象も違っただろうし。

サムライブルーの「サムライ」のスピリッツが感じられなかったというか。

それから、チーム間での横のつながりが、どうなのかな?って気もしました。

なんか、ひとつのチームとしての印象をあまり受けなかったというか。

でも個人としてはいい選手がたくさんいたね。

中田英、マキ、川口、稲本、玉田の5選手が良かったな~って印象を受けました。

あとジーコ監督ね。

いや~、このW杯で、初めてジーコさんをじっくり見たけど、俺、好きだな~ジーコさん。

一緒に飲みにいきたいな~。

人柄がいいよね。

憎めない顔をしている。

ブラジル戦で玉田が一点入れたときのリアクションも良かったし。

ジャンプしてガッツポーズするんだけど、着地してから手をあげてタイミングがずれているんだよね。

これがたまらなくいい!

親近感を感じる動きでした、笑。

まぁ、色々書いてきて、結果、決勝トーナメントにいけなかったけど、決して頑張らなかったわけではないし、今の時点でチームとしての力が他のチームに比べて欠けていただけだと思う。

メンタル面を鍛えなおして、また、夢を見せて欲しいですね。

日本代表、ありがとう!お疲れ様でした。


■ブラジル戦後 ジーコ監督会見

◇オーストラリアとの1-3の試合が痛かった


――引き分け1回で勝ち点1。その原因は日本の選手か、それとも監督か?

 監督が試合に勝つわけでも、負けるわけでもない。選手が試合に勝つわけでも、負けるわけでもない。チームだ。
 今日ブラジルに負けたために敗退したのではなく、オーストラリア戦の最後の8分間で敗退へ向かっていた。クロアチア戦、ブラジル戦によって敗退したわけではない。オーストラリアとの1-3の試合が痛かった。それでも選手は全力を尽くそうとした。選手は素晴らしい闘志を見せたが、グループリーグで敗退することになった。

――ブラジルについては

 すでに決勝トーナメント進出を決めていて、落ち着いていた。交代策も冷静だった。ブラジルは速く、日本はマークに苦しんだ。ブラジルが能力を発揮したときはすごかった。ロナウドが私のチームにいればいいなと思う。それだけ彼は相手チームとの違いを作り出すことができる。
 ブラジルにとって仕事は簡単だったと思う。われわれは2点差をつけてブラジルに勝たなければならず、必死に戦わなければならなかった。リードを守って後半に入れたら、もっといい形で試合をできたと思う。しかし、ブラジルには前半の終わりに同点ゴールが生まれ、彼らは冷静になることができた。

――効果的なプレーをしたとは言えない中村を最後まで残したのはなぜか? また、日本らしいパスサッカーを見せることができなかった理由は

 中村は素晴らしい選手で、日本に喜びをもたらす選手だ。しかし、ベストでなければ交代させないといけない。だが、高原がけがをしたので中村を代えられなかった。(中村は)ワールドカップ(W杯)では残念ながら実力を発揮できなかった。
 パスについては、たくさんミスをしていた。選手がやる気になり過ぎたのが原因かもしれない。あせりもあったのだろうか。

◇日本はまだ世界のトップに達していない

――監督の今後は

 日本との契約はW杯で終わる。2カ月前に日本サッカー協会と話をして、W杯までだと説明した。日本はアジアカップを控えていて8月に試合があるので、すぐに(新しい監督とチーム作りに)取り掛からないといけない。
 これまで私を信頼してくれて感謝している。いい仕事をした。日本は、これからも成長し、よりいいチームになっていかないといけない。日本はプロになって10年余り。相手からも注意を引くチームになった。でもまだ欠点もある。ここ(W杯)に来るまでは困難な道のりだった。でもW杯の出場は自ら勝ち取ったもの。私自身は全力を尽くした気がしている。

 今後についてだが、欧州に行くかもしれないが、サッカーの監督をこれからも続けていく。偉大な監督というのはいつも小さなクラブから小さなスタートをしている。私のキャリアは日本からだった。W杯に出ていなければ成果にはならなかった。
 今回(のW杯)は、チームがまだ成熟しておらず、後半まで(いい試合運びが)続かなかった。オーストラリア戦もそうだった。80分過ぎまで勝っていて、最後の8分間で敗れた。日本は前進しなければならない。世界チャンピオンからスタートするわけではないのだ。
 われわれには夢がある。信頼もある。そこには可能性もある。でもW杯では負けた。それに対して満足しろとは言えない。日本はまだトップフォームに達していない。世界のトップにはまだ達していないのだ。しかし私は楽観主義者で、日本のサッカーに対しては楽観的だ。今回はある試合での、ある出来事が起きて敗退となった。

――日本はアジアカップで優勝するなどアジアでは力を見せた。世界との大きな差は具体的には何か?

 まずプロフェッショナリズム。自分の欠点を、それも日常のレベルで知らないといけない。日本の選手は外国のリーグでたくさん使われているわけではないが、私は彼らを信頼しているから使っていた。しかし選手には(試合の)リズムが必要。そこは改善しないといけない。外国のクラブだけでなく、Jリーグでも自分のいるクラブでずっとプレーしないといけない。もっと大きな大会に出ることも必要だ。肉体的に強くならないといけない。オーストラリア戦、クロアチア戦を見れば分かる。彼らはボールを前に放り込み、体を使ったプレーをしている。日本はそこが問題だ。W杯においてはとてもフィジカルの強い選手を相手にしないといけない。

――今大会の問題は

 今大会はたくさん問題があった。特に肉体的なコンディションだ。この4~5週間、ドイツに入って23人全員で練習をしたことはなかった。
 オーストラリア戦では坪井を大事な場面で失った。(親善試合の)ドイツ戦でも高原に問題があった。中村もクロアチア戦で熱があった。選手はアスリートとしての能力を失った。このように、メンバー全員で練習できなかったのは問題だった。午後3時開始の試合が2試合あって、生理学的な部分も変えなければならなかった。食べ物も変えた。この数週間、日本は困難な状態にあった。
スポンサーサイト

コメント

■ コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

■ トラックバック

トラックバックURL ▽
http://691074.blog13.fc2.com/tb.php/172-2a62a6d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

いそっち

  • Author:いそっち
  • ☆ROCKERS☆というHPを運営しています。HPにも遊びに来て下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。