"691074"

"691074"は"ROCKでなし=ろくでなし"と読ませます。自分が感じた事を書き綴っていきます。お気軽にコメントを残して下さい。

■ スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

■ <長渕剛> ラジオ出演レポ

「伊集院光 日曜日の秘密基地 大物ゲスト出演特別企画~意外な一面クイズスペシャル!~」という番組名で、8月28日(日)の3時から4時20分が剛の出演時間(剛関連の内容放送時間)でした。

番組から視聴者へのクイズに対して、その答えを予め収録しておいた剛のインタビューから拾っていくという番組でした。


Q1、長渕さんがインタビューの中で語った、若き日の長渕さんをビックリさせた大先輩の南こうせつさんが新幹線のグリーン車でとった行動とはどんなことだったでしょうか?

A1、新幹線の中で横柄な態度をとっていた893まがいの人に対して、胸ぐらをつかんで「はい、皆さん、南こうせつです。皆さん、こんな人を許していいんでしょうか?」と言って、騙らせた。

→南こうせつさんて、田舎で有機野菜を育てながらフォークソングを歌ったりしていて、温和なイメージがありましたが、こういう一面もあるんですね~。剛は「こうせつは、拓郎より強いよ(笑)」なんて言っていましたね~。


Q2、長渕剛さんはインタビューの中で、作詞家の秋元康さんの失礼な発言について語っています。では、その秋元さんの発言とはどんな発言だったでしょうか?

A2、ベスト10に入るような曲作りなよ!


→秋元康さんとは、今でも、たまに会うようです。最近も、秋元さんのおごりで、六本木で食事をしたそうです。「お前、まだ六本木なんかいってんのかよ?」と剛は秋元さんに言ったそうです。出てくる料理は、「ハモの梅肉あえ」など少量でこじゃれたモノばかり。剛は、「もっと、ガツンと腹にたまる飯は無いのかよ?俺はそういうのがいいんだよ。」というような事を剛は言っていましたね。秋元さんとは同年みたいですよ。剛が昔ラジオをやっていた頃、その番組を当時は売れない放送作家だった秋元さんと一緒にやっていたそうです。主義主張は両者で食い違うところが多いようです。剛が秋元さんの作詞で認めている曲は、美空ひばりさんに提供した「川の流れのように」くらいだそうです。でも、やっぱり苦しい時代を一緒に夢見て生きてきた頃の絆があるから、秋元さんと剛は「腐れ縁だけれども戦友なんだ」みたいな感じなんでしょうね。

少量でもガツンでも何でもいいので、一度、剛と飲みに行きたいですね、笑。

Q3、長渕剛さんは、角川春樹さんに映画の主題歌を依頼され制作しましたが、大変難航しました。そしてついにできた曲を聞いた角川さんは何と言ったでしょうか?

A3、(泣いた後)いい曲だけど、もう一曲書いてくれ!


→既に雑誌等で放されている内容でしたので、割愛します。


その他、自身の声の話、拓郎さんの篠島コンサートでの話など熱っぽく剛が語っていました。篠島で、拓郎ファンに野次られて、ステージから言い返したみたいな事も言っていました。一生懸命唄ったら、最後は弦が一本だけになっていたようです。拓郎ファンがステージにあがってきたら、ギターで殴ってやろうかと思っていた(笑)とも言っていました。


伊集院さんも剛もテンションが高くて、とてもいい番組になっているなと思いました。剛も「今日は、久しぶりに熱い男と話が出来て、楽しかった」と言っていました。
スポンサーサイト

■ <浜田省吾> 「MY FIRST LOVE」

を購入して、まず、

「I AM A FATHER」から聞いてみた。

衝撃・・・。

音が綺麗だ!

それに、バンドの演奏が巧い!

久しぶりに、カッチリとしたバンドの音を聞いた気がした。

特に、刻むビートが凄いね。気持ちよすぎる。家にいるにも関わらず、自然に乗ってしまうというか。

その凄すぎるビートに、浜田さんの声がまた乗ること乗ること。

声自体は、こもるような声だけど、声の切り方(ブレス)が上手いよね、浜田さんは。

だから声がビートに乗るんだね。

ドラムとスティックが離れている間に、声が落っこちちゃっているロックボーカルの人って結構いるけど、浜田さんは落ちないから凄い。

行った事無いからわからないけど、たぶん、ライブとかで、演奏中にカット入れて、ピンスポで抜いたら、めちゃめちゃハマるんだろうな。

想像するだけで楽しい。

安心して聞けるアルバムだね。

まさに「父親」のような存在のアルバムだ。

剛といい、丸山弁護士といい、浜田さんといい、この世代の人たちに、感動させられっぱなしだな~。

9月のライブが楽しみです、はい。

hamada




☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000

■ <長渕剛> ファンクラブチケット到着!

「長渕剛LIVE2005 YAMATO」のFCチケットが届きました。

tiketto



武道館1日目が2階1列目。
武道館2日目が2回2列目。



できれば、1階の前の方が良かったけれど、まぁまぁ、いい席かなと気に入っています。


しかし、武道館、待ち遠しいな~。


☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000

■ 皇帝ペンギン

見に行ってきました。

penngin



久しぶりの映画。

ピーターパンⅡを観て以来かな。

特に泣くような感動はなかったけど、赤ちゃんペンギンと、赤ちゃんペンギンの声の吹き替えを担当した、神木君の声が可愛かったです。

可愛さづくしの映画だったな~。

ちゅーのが感想です。

癒されました。



☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000

■ 尾崎豊、生誕40周年で東名阪でイベント開催

尾崎さんのイベントが決定したようですね。

今年の目玉は、現在制作中の尾崎の“新作”ポエトリー・リーディングアルバムの一部を、Crouching BoysのTomi Yoさんとオーケストラがライヴ演奏とのこと。

ポエトリー・リーディング・アルバムは、'84年10月~'85年3月、'85年11月~'86年4月に東海ラジオでオンエアされていた尾崎さんのレギュラー番組「誰かのクラクション」で、彼が番組のためだけに書き下ろした作品との事。

イベントではここでしか見られない貴重な映像も上映予定のようです。



<YUTAKA OZAKI BIRTHDAY SPECIAL ARTERY & VEIN 2005「誰かのクラクションが聞こえる」>
11/21(月)大阪・なんばHatch [問]サウンドクリエーター 06-6357-4400
11/22(火)愛知・Zepp NAGOYA [問]サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
11/29(火)東京・品川ステラボール [問]ホットスタッフ・プロモーション 03-5720-9999
※チケット一般発売日は、9/25(日)~


☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000

■ OFFの日「東京→静岡→山梨→静岡」

ちょっと遅めの夏休み。

珍しく5連休。

休みは、残り3日という事で、今日は、全日本プロレスの社長でもあるナチュラルボーンマスター武藤敬司選手の地元でもある山梨県は富士吉田市に遊びに来てみました。

とくに目的もなく、山中湖→河口湖という流れで、テクテク小旅行。

途中、なんとも美しい花畑を発見。

思わず立ち寄ってみた。

黄コスモスに囲まれて歩いた気分は最高でした。

hana2



黄コスモスとはこんな花です。

普通のコスモスは、あまり咲いていなかったですね~。

hana3


こんなに綺麗な花も!

この花も広大な大地に連綿と咲き乱れていました。

いいな~、花って。

と、超真面目に思いましたね~、笑。

hana


花畑を見た後は、沸き水を汲みに、「道の駅 富士吉田」というところに行きました。

mizu


ん~、「富士山アリーナ」に隣接していました。

最近、なぜか、お茶より水派の俺。

とにかく水を飲みます。

ペットボトルで4本~5本は1日に水を飲みます。

ということで、ここの水、とりあえず、50リットル汲ませて頂きました。

と言っても、俺の飲料用は、2リットルくらいだけどね・・・。

で、この水。

バナジウムとか色々入っているらしく、健康にもいいらしい。

その場で、一口。

冷たい!

旨い!

都会では、あり得ない自然の恵みに、ただただ感謝した瞬間でした。



〆は焼肉。

という事で、三島広小路にある「新羅」まで来ましたが、なんと定休日。

朝から、コレを楽しみに、一食も食べていなかった俺。

かなりのショックを受け、近くの韓国焼肉屋へ。

ここ、昔は平成苑とかって名前だったけど、店の名前変わったんだね~。

前出した「新羅」はプルコギが旨い店なんですよ。

で、当然、ここでもプルコギを探す。



あった!


無意識のうちにでかい声で俺は叫んでしました。


生ビール。
キムチ盛。
サンチュ。
上タン塩。
上ハラミ。
レバ焼き。


と一通り肉を食べ終わって、いよいよプルコギのお出ましです。

こんな感じでした。

purukogi


ちょっと俺には脂の多すぎる肉だったけど、及第点はあげましょう。

次は、来年の正月。

1月2日。

次こそは「新羅」のプルコギを食べるぞ~。



☆ROCKERS☆
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=shelly2000

■ 丸山弁護士 100km完走おめでとうございます。そしてありがとうございます!

♪勇気をくれるモノはいつでも、愛を守る人たちの強さ♪

これは、尾崎さんのFORGET-ME-NOT♪をカヴァーしている槇原敬之さんの歌「東京DAYS」の一節。

愛を守る人の強さ。一生懸命に生きる人の姿。

これには本当に感動しますね。

8月28日。

日本テレビの人気番組「行列のできる法律相談所」でお馴染みの丸山弁護士(59歳)が24時間TVで、見事100kmマラソンを完走されましたね。

自分は、丸山さんの走りから、

「感動を生む最大のパフォーマンスは、一生懸命生きること。そして日々、人間を愛し、生に人間愛を投影すること。」
という事を学びました。

当然、表に掲げられた、「一生懸命生きなさい」という部分も含めてね。

今日、改めて特集を見ましたが、丸山さんには、言葉にできない感動
と、勇気を頂いたなと。

59歳という部分がクローズアップされているけど、本当に、凄い、すさまじいと思います。

700mを切った所で愛娘の鳴(めい)さん同伴。

それからの丸山さんの表情。

何度見てもいいですね。

グッときます。

本音と自身のキャラをどう使い分けていいのかわからず、態度をコロコロ変えていた北村弁護士も良かったですね。

男と男の熱い友情が「ゴール後の二人の抱擁→肩車」に凝縮されていましたね。

今日の特集番組で、丸山さんが100kmマラソンに挑戦表明した後に、北村さんから届いた葉書が映されていたけど、

「あぁ、やっぱり、人間関係って、コレだよな~」

と偉く感動しましたね。

一大決心をした友。

男を決める舞台にたつ友。

言いようのないプレッシャーを感じている友。

こういう要所要所で、心の手で支えてあげられる関係ってやっぱりいいなと。

と、いうように今回の丸山さんの100kmマラソンからは多々学ぶもの、考えさせられることがありました。

最後に、丸山さん、勇気をありがとう。そしてこれからも頑張って下さい。



※丸山さんのキャラクター、元々大好きでしたが、これを機に益々、好
きになりました。

プロフィール

いそっち

  • Author:いそっち
  • ☆ROCKERS☆というHPを運営しています。HPにも遊びに来て下さい。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。